メリットとデメリットを比較

メリットとデメリットを比較

メリットとデメリットを比較 出生前診断を行うメリットとしては、赤ちゃんの状態が事前に分かることが挙げられます。
妊娠中は赤ちゃんが健康に産まれるかどうか不安になる妊婦も多く、人によってはマタニティブルーや妊娠うつなどを発症してしまうことがあります。
出生前診断を受けることで赤ちゃんの病気の可能性を否定することができれば、不安から解放されて心にゆとりをもって出産まで毎日を過ごすことができます。
その一方で、デメリットとしては出生前診断で陽性という結果になってしまった場合、より精神的なストレスが多くなってしまうことが挙げられます。
妊婦の過度なストレスは母体と赤ちゃんの双方に悪影響を与えてしまうため、切迫早産や最悪の場合は流産してしまうこともあります。
また、今後のことを考えて妊娠中絶を選択する親が出てくる可能性もあるなど、出生前診断が安易な「命の選別」につながってしまうこともあるため、診断を受ける場合はパートナーとしっかり話し合うことが大切です。

出生前診断のデメリットは精神的なショックを受ける可能性があること

出生前診断のデメリットは精神的なショックを受ける可能性があること 出生前診断は非常に便利な検査として有名ですが、これを利用したいのであればデメリットを知っておく必要があります。
検査を行うことによって赤ちゃんの状態が分かりますが、万が一、先天性疾患があることを示す陽性反応が出た場合は精神的なショックを受けることになるでしょう。
念のためにという気持ちで行った検査で病気が判明したことのショック、中絶するかどうかの決断を迫られるという心理的な負担がかかります。
自分自身では中絶を選ぶかどうかを決めていたとしても、パートナーや家族と意見が衝突して悩むことになる可能性もあるでしょう。
もしも、どのような疾患があっても産むと決めているのであれば、事前に疾患があると判明することで沈んだ気持ちで妊娠期間を過ごすことになる可能性もあります。
出生前診断を行うと赤ちゃんの状態を知ることができますが、精神的なショックを受けるかもしれないというデメリットがあることも知っておきましょう。

新着情報

◎2024/7/2

情報を更新しました。
>出生前診断と優生学の歴史から現代的意義までを考察する知識の集約
>出生前診断と中絶の選択を考える際の知識と社会倫理的考察
>出生前診断について知るべき基礎知識と認定施設の重要性
>家族が抱える選択と心構え 出生前診断の基礎知識と対応策
>出生前診断の推奨ガイドラインに沿った、予備知識と適切な活用法の解説

◎2022/11/2

情報を更新しました。
>出生前診断で性別は分かるが知ることができるとは限らない
>出生前診断は自由診療になるので保険は適用されない
>出生前診断を利用する上で病院を選ぶポイント
>出生前診断で問題点の1つである夫婦の考え方
>出生前診断を受けてトラブルが発生する!?

◎2020/12/23

検査結果はどのくらいででる?
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

リスクはわずかながらある
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

メリットとデメリットを比較
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「診断 中絶」
に関連するツイート
Twitter

出生前診断と選択的中絶のケア 日常診療で妊婦・家族ときちんと向き合うための基本がわかる [ 室月 淳 ]

出生前診断と選択的中絶のケア: 日常診療で妊婦・家族ときちんと向き合うための基本がわかる

出生前診断と選択的中絶のケア: 日常診療で妊婦・家族ときちんと向き合うための基本がわかる

そこまでしても、予後は良くなく、多くが20歳までに亡くなる。そして50までにほとんどの方が亡くなる。 そして、診断ができるくらいに胎児が大きくなるのは中絶可能直前(22週以降は不可)の21週。診断されて6日以内に中絶するか育てる覚悟を決めないといけない。

返信先:出生前診断による中絶も憲法違反ですか?